お墓の管理に困ったら

お墓

これからのお墓は

近年お墓の維持、管理に悩んでいる人が増えてきています。多くはお墓から遠く離れた場所に住んでいるため、お墓参りなどに行くことができないという理由からでしょうか。お墓は年に数回は清掃などの手入れをし、焼香、お供えなどしておきたいものです。これらが難しくなってくると、そろそろ墓じまいを考えた方が良いかなと思うかもしれません。墓じまいについては言葉は聞いたことがあっても、実際にどのように準備してよいか知らないことが多いと思います。お墓の撤去自体は墓石屋さんが担当することになりますが、そこへ至る前にいくつかの準備が必要になります。まずは、お墓の中身を把握し、墓じまい後に遺骨をどうするか考えなくてはなりません。多くの人に選ばれているのは、公営墓地や菩提寺での合祀か散骨です。菩提寺では法要を行うことが多いですが、公営墓地の場合法要というスタイルではなく、宗教色のない献花を取り入れるなどしています。また、散骨は海洋散骨が多く、故人が海好きだったという人にはよく選ばれています。散骨の場合、費用が抑えられるのも魅力です。遺骨の行き先が決まったら、お墓を撤去する墓石屋さんを探します。料金など相場が分かりにくいものでもあるので、出来れば複数業者に見積もりを出してもらうのが良いでしょう。墓じまいへの手続きは他に、改葬許可申請などが必要となってきます。墓じまいを考えているけれど、すぐには対応できないという時は、墓守の家事代行サービスを利用するという方法があります。家族に代わってお墓の清掃等してもらえます。